セレモマイホール横浜|都筑区 センター南斎場|南区 永田斎場 *家族葬・直葬・一日葬・(霊安室完備)心穏やかなお葬式を創業以来25年間続けている葬儀社です。

葬儀の知識

TOP > 葬儀の知識 > 『直葬』『火葬式』とは

『直葬』『火葬式』とは

 

【火葬式・直葬とは】

 

火葬式(直葬)とは、お通夜やご葬儀・告別式を執り行わず、火葬場にて短時間でのお別れと火葬と収骨のみを行うものです。
火葬式と同じ意味合いで『直葬(ちょくそう)』や『荼毘式(だびしき)』という言葉もあり、聞いたことがある方も多くいらっしゃると思います。

お通夜やご葬儀・告別式を行わないため、一般的なご葬儀と比べますとご逝去から火葬までの時間が短く故人をしっかりお見送りする時間が限られていることが特徴です。

 

ここからは実際の直葬の手順をお話ししていきます。
ご逝去後、医師から死亡診断書(死亡届)を受け取りご遺体の搬送を依頼します。

 

その後、24時間対応の寝台車でご指定の場所までお迎えにあがり、ご遺体を葬儀社の安置所や火葬場などにお連れしご安置いたします。

 

死亡届と火葬許可申請書を自治体へ提出。葬儀社と打合せをしたあと、火葬(荼毘)にふします。

通常の葬儀の場合は納棺のあとにお通夜、告別式という流れになりますが、直葬(火葬式)ではそういった儀式などはありません。ご逝去後に直接火葬場などへ向かい、そこで最後のお別れをします。そして火葬(荼毘)→収骨(拾骨)となります。

 

・直葬・火葬式の注意点
一般葬に比べてお金がかからない直葬・火葬式ですが、「安いから直葬・火葬式にする」という考え方は望ましいものではありません。なぜなら、お葬式でもっとも重要なのは「形」ではなく「心」だからです。

遺された方が故人を大切に想いながら「できるかぎりのことをして送り出せた」と実感できなければ、後々「あのとき、ちゃんと送り出してあげられなかった……」と精神的な負い目を持ってしまうかもしれません。「お金をかければかけるだけいい」というわけではありませんが、大切な故人に心を尽くしたいのなら、ご葬儀に相応の時間や手間、費用をかけることも必要だと私たちは考えます。

 

・直葬・火葬式には特に周囲への配慮が必要
直葬を選ばれる場合は、ご親族やご友人への配慮が欠かせません。なかには直葬という選択を親族に理解してもらえず、トラブルになってしまった例もあるようです。そうならないように、事前に意図をしっかりお伝えしておくことをおすすめします。

PAGETOP